ルミガンはジェネリック

ルミガンの口コミで注目のポイント

まつ毛の育毛剤として女性の間では注目を集めているルミガンですが、元々は緑内障の点眼薬です。

これを使用している緑内障患者が副作用により、まつ毛が伸びたり、増えたりしたことから、ルミガンを販売するアラガン社がラティースという同一成分でアプリケーターというまつ毛に薬剤を塗るための専用ブラシが付いた美容目的の製品を販売し、アメリカではまつ毛の育毛剤として認可されています。

日本ではあくまでも緑内障の点眼薬なので、一部の美容クリニックで購入するか、個人輸入するかで手に入れることができます。

アメリカでまつ毛の育毛剤として認可されてから、日本でも噂は広まり、インターネットでも多くの情報を見る事ができます。

中でも興味深いのが実際に使用している方の口コミです。

ルミガンは使用した方の80%以上が効果を実感していると言われていますが、この効果が現れるまでには、約2か月ほどかかるようです。

それまでもそれ以降もルミガンを1日1回塗り続けなければ元のまつ毛に戻ってしまいます。

それでも、まつ毛のエクステを付けるよりは金銭的にも負担が少なく、きちんと効果が出れば、つけまつげやアイラインなどのメイクの手間が省けますし、すっぴんにも自信がつきます。

ルミガンは、色素沈着や目の充血、かゆみ、ドライアイなどの副作用も心配されますが、ルミガンを塗る前に、眉にクリームを塗って保護すると、色素沈着になりにくいという口コミが多かったです。

せっかくまつ毛が伸びても、シミのような色素沈着があってはがっかりですからね。

また、アプリケーター(専用ブラシ)は使いにくいという意見が多く、代用として、赤ちゃん用の綿棒やアイライナー用の細いブラシを使用している方が多いようです。

量は両目で1滴ぐらいが目安で、多く塗ってしまうと副作用が起きやすいようなので、注意が必要です。

また、ドライアイのような症状などの場合には、ただちに医師に相談しましょう。

>>ルミガンの詳細はこちら<<