ルミガン まつ毛

ルミガンでまつ毛を効率的に伸ばす方法

ルミガンは、今女性の間で話題となっているまつ毛の育毛剤です。

元々は緑内障の点眼薬であるルミガンですが、ルミガンを使用した緑内障患者の多くに、まつ毛が伸びたり、増えたり、濃くなったりという副作用の報告が多くあり、ルミガンを販売するアメリカのアラガン社が副作用について研究し、まつ毛の育毛剤という美容目的でアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)に認可され、世界中にこのことが広がり、多くの女性に愛用されています。

その他にも、抗がん剤治療などによりまつ毛が抜けてしまった方にもまつ毛が生えたなどの報告もあり、医薬品としての使用もされています。

日本では美容目的で認可されていない為、基本的には処方はしてもらえません。

そのため、個人輸入で海外のルミガンを購入する方が多いです。

それまで多くの女性たちはまつ毛のエクステなどを利用し、まつ毛を増やしたり、伸ばしたりしていましたが、慣れていないと洗顔の時に強くこすってしまい、抜けてしまったり、元々のまつ毛が痛んでしまったり、金銭的にも負担が大きかったのです。

一方このルミガンは効果が立証されている医薬品であり、元々のまつ毛を伸ばすことができる事や、個人輸入をしても1本3mlが2500円で約2か月使えるという事なので、かなり安いことなどから、愛用者は増え続けています。

1日1回上まつ毛の生え際に塗るだけで、約2か月で効果があると言われています。

長さが25%、密度が6%、色の濃さも18%アップし、まつ毛がカールを巻くほど長くなる方もいるようです。

しかし、色素沈着や痒み、充血などの副作用もあるので、使用の際には十分注意し、異変を感じたら使用を中止し、医師に相談しましょう。

まつ毛が伸びて魅力的になったとしても、副作用があったようでは健康上良くありません。

特に薬液が目に入ってしまうと角膜障害やドライアイになってしまうこともあるようなので、手軽さはありますが、注意して使用することが大切です。

>>ルミガンの詳細はこちら<<